営業アウトソーシング

HOME» 営業アウトソーシング »WEBコンサルティング

営業アウトソーシング

WEBコンサルティング

WEBコンサルティング

私たちが提供する「営業アウトソーシング」の種類

Web制作機能を持つ営業コンサルティング会社はいない?

デザインが得意なWebサイトを作る制作会社さんはいます。Webコンサルティング会社さんもいます。私たちは営業コンサルティングで培った成功のナレッジを活かし、「リアルな営業活動」と「Webを活用した営業の両軸で営業を支援し、企業の収益向上に貢献することをミッションとしています。
営業に困っている、集客に困っている経営者の皆さんを、 営業コンサルティングで培ったノウハウと、最強のCMSという武器でサポートするために生まれた、集客の問題を解決するためのWEB支援サービスです。

Webサイト(ホームページ)で悩んでいませんか?

中小企業のWebサイトは90%以上成功していない?

「Webサイトを作ったおかげで売上が倍増しました!驚くほどの成果が出ました!」という中小企業は、実はほとんどいません。
Web制作会社のサイトに掲載されている事例は、「成功事例」ではなく、「制作事例」であるケースがほとんどです。つまり、それだけ成功しているケースが少ないと言えないでしょうか?

テレアポはいらない?? 自社に合った営業方法を選びましょう

Pull型(インバウンド)営業、Push型(アウトバンド)営業のメリット・デメリットを理解する

会社が営業活動を行う際、その手法はPull型(インバウンド)営業とPush型(アウトバウンド)営業の2つに分けられます。
Pull型(インバウンド)営業とは、お客様から自社のことを見つけてもらう手法で、主にWebサイトを活用しながら進めていく方法。
Push型(アウトバウンド)営業とは、こちらからアクションを起こし、お客様と接点を持つ手法で、主にテレマーケティングや飛び込み営業等が挙げられます。
どちらか1つの営業手法で十分成果を出している会社様にとっては、これから申し上げることは必要ないかもしれません。
これまでに数千の営業を支援してきた経験から言えることは、新規開拓が強い会社は、Pull型・Push型両方の営業を実践しているところがほとんどです。
各営業手法にはメリット・デメリットがありますので、その特徴を活かし、両軸で営業を展開することが理想です。

プラン メリット デメリット
Pull型
(インバウンド)営業
・Webサイトを充実させることにより、
自社のことを理解してもらえる
・営業生産性が高い
・低コストで実践
・営業スピードが遅い
接点を持った見込み客を時間をかけて温める
・中小企業がこれだけに頼ると「今日の飯」「明日の飯」が食べられなくなることもある
Push型
(アウトバウンド)営業
・営業スピードが速い
一度接点を持つと、受注・失注の結論が出るスピードが速い
・生産性が低い
・自社のことを理解される前に失注するケースが90%以上
・営業先のリストがすぐに枯渇する
・結局大手に勝てない(予算をかけて大量の営業マンを投入することはできない)
自社のWebサイトを他人任せにするのはやめましょう

Webサイトは、その会社にとっての事業そのもの

「Webのことはよくわからないから、全部お任せしますよ」と制作会社任せにしている経営者も少なくありません。
しかし私たちは、「Webサイトは事業そのものだからこそ、他人任せではなく、真剣に取り組み、できるだけ自社で運用しましょう」とお伝えしています。
理想は、自社で事業戦略・営業戦略を立てて、戦略をWebサイトに落とし込み(=Webサイト制作)、成果が出る理由・出ない理由を分析し(=アクセス解析)、カイゼン(=Webサイト更新)し続けることです。
しかし、自社のリソースで全てをまかなえるのは、大企業くらいでしょう。

最善だと思う戦略を、まずはWebサイトで実践してみる

最初から全てがうまくいく会社はほとんどありません。私たちが営業コンサルティングで事業戦略や営業戦略を立てることはよくあります。しかし、残念ながら100発100中、その戦略がヒットするわけではありません。重要なのは、①まず最善だと思う戦略をWebサイトで実践してみる②その上でうまくいかなかった点を改善し再度実践する(③うまく行った点はリアルの営業活動にも活かす)。これの繰り返しです。この繰り返しの中からしか、成功パターンは生まれないといっても過言ではないでしょう。
市場(マーケット)の変化は、売り手が想像する以上に複雑化してきています。
じっくり時間をかけて、ぴっかぴかの戦略を構築している間に、マーケットは変化してしまうことでしょう。
とはいうものの「戦略を立てて実行→カイゼン→戦略再構築→実行」を繰り返すことは簡単なことではありません。
しかし、[Webサイト=事業]です。最初は外部の手を借りたとしても、将来的にはWebの専任者を置くことをお勧めしています。

メールでのお問い合わせ
2012/01/31